キャッシング返済日はどう決まる?

キャッシングは返済方法は昔ながらの24回払いからリボ払い形式になり、返済方法が豊富になりましたが、返済日の決め方は増えてきません。

好きなら日を決めれるところもありますが、大体は5の倍数と月末や1日、もしくは返済した日から35日以内というちょっと忘れそうな日もあります。

月末必ず予定を空けて入金しなきゃな!って思ってる人も多いかと思いますが、そうでもありません。

実は大体の銀行で返済日の14日前位から今月の返済額の返済を受け付けてくれます。

勿論繰上げ返済をしたい場合は残高リボ払い方式なら余分にお金を入金すれば、繰上げ返済扱いになります。

銀行ATMやコンビニでもおろせますので、貯金をおろして、貯金を入金している感覚になりますよ。

カードローンの利用限度額の増額と他社ローンの新規契約はどちらがいい?

どうしてもキャッシングにより、現金が必要となるシーンは非常に多くあります。特に冠婚葬祭といった場合、現金による出費が家計を圧迫するため、キャッシングは非常時の手段になります。一方、生活費が一時的に足りない場合、クレジットカードを利用出来るため、キャッシングに頼るケースは少なくなります。

特に冠婚葬祭における出費は高額になることが多く、ボーナス月や毎月の給与に余裕がある時などに返済することが多く、借り入れ額が徐々に増えてしまうことがあります。このような場合、カードローンの利用限度額を増やす必要があるものの、増額審査を受けるのと新規契約を受けるのではどちらがいいか迷います。実際には、増額審査を受け利用限度額をアップした方が借り入れ件数という他ローンなどの契約時におけるマイナス要素を回避することが可能です。一方、新規契約をした方が実質的に利用限度額がアップするものの、借り入れ先件数が増えてしまい将来的なデメリットとなってしまいます。

この際、どちらの方法を選ぶかは新たにローン契約を検討する可能性があるかどうかで判断するのがポイントです。特に住宅ローンや自動車ローンを近い将来に契約する可能性のある場合においては、新規にカードローンを契約することは可能な限り避けるのがポイントです。ただし、増額出来ず、やむ負えずに新規契約となった場合には速やかに返済を済ませ解約することで影響を最小限にすることが可能です。つまり、新規契約であっても不要となった場合においては、利用する可能性があるといって契約状態にしないのが重要になります。

総量規制対象外のキャッシングとはどの様な意味なのか

一般的にキャッシングと言えば消費者金融に申し込む形になりますが、この時には総量規制と呼ばれる法律が適用されますのでこれがネックになる事があります。総量規制とは貸金業者に定められた法律になっていて、申し込み人の年収の三分の一を超える貸し付けは行ってはならないと定められたいます。

これは貸金業者が必ず守らなくてはいけない法律になっていて、万が一破った場合には罰せられてしまいます。なので収入がゼロと見なされる専業主婦に貸し付けする事はできなくなっていますし、複数の消費者金融から借り入れをしていて総量規制に引っかかる様な方にも貸し付けはできなくなっています。

ただ、この総量規制は上記のように貸金業者に定められた法律になりますので貸金業者以外には適用されません。そして貸金業者以外でキャッシングできると言えば、それは銀行系カードローンになります。

銀行は貸金業ではなく金融業になりますので総量規制対象外をなっていて、申し込みに来たのが専業主婦であろうと年収の三分の一までキャッシングしている方であろうと原則として貸し付ける事が可能になります。

しかし消費者金融と同じように審査は行われますので、総量規制対象外だとしても確実にキャッシングできるわけではありません。

審査の際の在籍確認に不安を感じる方にはモビットがオススメ

キャッシングを利用したいと思っていても、勤務先への在籍確認があると聞くと、どうしても不安になってしまうという方は意外と多いようです。

お金に困って、消費者金融からお金を借りているということが会社内にばれてしまうと、良からぬ噂が広まって、居心地が悪くなってしまうということに不安を感じてしまうのでしょう。

在籍確認の際には、当然ながら、消費者金融であることを明かすことはありませんが、万が一ばれてしまったら…と思うと、やはり心配がつきまとうものです。

在籍確認に不安を感じている方にとって、モビットはオススメです。

まずは何と言っても知名度が高く、三井住友銀行の傘下であることからも、信頼性が非常に高いのが魅力です。

そんなモビットの申し込みにはカードを使用するものと、インターネットを利用するものの大きく2つがあります。

その中で、インターネットを活用すれば、審査での在籍確認を求められることはありません。

在籍確認の代わりに、その会社に所属していることが証明できるもの…例えば、給与明細書や健康保険証のコピーを提出すれば、きちんと勤務先に勤務していると判断してくれます。

在籍確認が不安であるとか、どうしても勤務先に連絡を入れてほしくないという方にとっては、モビットは大きな魅力があるといえるでしょう。

消費者金融ならば土日でも即日審査可能です

突然の出費が発生するのは、曜日を関係なく起こるので、土日であっても即日審査を行っている貸金業者の存在はありがたいものです。銀行カードローンの多くが平日のみの審査となっている一方で、消費者金融の中には土日審査を積極的に行っている業者が多く急いでいる時に助かる存在です。

土日に審査を通すことが出来ても、キャッシングをするためには専用ローンカードが必要となるので、土日に即日キャッシングを目指すなら自動契約機コーナーでローンカードを受け取れる大手消費者金融を狙うと良いでしょう。インターネット経由で申し込み手続きをしておけば、本人確認の上で審査に通ってから最寄りの自動契約機コーナーで専用ローンカード発行を行えば即日キャッシングが可能です。

住んでいる地域によっては、自動契約機コーナーがすぐに行ける範囲に無いという可能性があります。一部のネット銀行口座を持っていれば、同一の銀行内での振込は土日関係なく即日反映される制度を利用して、振込融資を受けられます。既に指定のネット銀行口座を開設していることが条件となりますが、よく調べた上で申し込み手続きをインターネット経由で行えば、土日であっても即日振込による借入が可能です。申し込み手続きを行なう際には、貸金業者の特徴を比較して行なうことが望ましいわけです。

うまく使えばキャッシングは有用なサービスです

私はフリーターで働いているにもかかわらず、消費者金融のキャッシングに申し込みをしました。フリーターでも審査を通過することがあると聞いたので、消費者金融のキャッシングに申し込んでみたのです。私が消費者金融のキャッシングに申し込みをするのはこれが初めてのことでした。

私は実際に審査に合格するまで本当に審査に通るのだろうかとずっと不安でした。審査に通る自信は半分ほどもありませんでした。そんなに大きなお金ではありませんでしたがお金が必要になりフリーターにもお金を貸してくれる金融機関を探してみたのです。

いろいろな金融機関をネットで探しましたが、結局は消費者金融のみがフリーターでもお金が借りられる金融機関だということが判りました。とは言っても多くの人々と同様に私も消費者金融からお金を借りるということに不安を覚えていました。私は心配していましたが、大手銀行グループの消費者金融であれば、それほど心配しなくていいのではないかと思うようになりました。

私が選んだ消費者金融は、大手都市銀行のグループ企業になっているところです。30日間無利息キャッシングもあって助かりしまた。。消費者金融のキャッシングは、慎重に考え、それをうまく利用すれば、非常に有用なサービスだと考えています。

銀行系カードローンを検討する際、提携するATMもしっかりと確認するべし!

銀行系カードローンは、最高金利が平均14.5%前後かつ最高限度額が500万円といったものが多くなります。カードローンのスペックだけで契約するのには注意が必要です。

カードローンで後々重要となるのが、使い勝手であり、専用ローンカードがどの金融機関ATMやコンビニATMで利用出来るのか確認するのがポイントです。銀行系カードローンと言っても、コンビニATM全てで利用出来るとは限りません。セブン銀行ATMから借り入れが可能なものの、イーネットATMやローソンATMで利用出来るのか、イオン銀行ATMで利用出来るのは重要なことです。提携するコンビニATMがセブン銀行に限定されてしまう場合、出張先や旅行先にセブンイレブンが無いということは地域によりあり得ることです。少なくとも、銀行系カードローンを選択する際は、日本全国のコンビニで利用出来るのかどうかが重要になってきます。また、提携金融機関のATMと言っても、地方銀行の場合、地域の銀行とのネットワーク化によるサービスに限定されるため、その地域を離れると借り入れ可能なATMが激減するというリスクがあります。カードローンのスペックだけで契約すると、意外な場所で利用出来ないという事態があり得るため、しっかりと抑えるポイントです。また、より使い勝手を重要視するのであれば、利用時間が24時間または利用出来ない時間が少ないカードローンがおすすめです。

女性専用のレディースキャッシングはスタッフが女性です

女性が消費者金融を快適に利用しやすいように考えられたサービスとして、女性専用のレディースキャッシングがあります。女性が消費者金融を利用する場合、少し利用しにくいと感じる方もいるようですが、レディースキャッシングの場合はスタッフも女性になっており、お金の相談もしやすいサービスになっています。男性の場合は威圧感を感じる女性も多いですが、女性スタッフは女性目線で接してくれるので利用しやすいようです。また利用後の返済などに関しても女性スタッフが対応するので、女性ならではのアドバイスをしてもらう事も期待出来るのではないでしょうか。

しかし基本的な条件は一般的なキャッシングサービスとさほど変わりはありません。審査基準なども一般的なキャッシングと変わらないので、女性なら審査に通りやすいと言った事は期待しないようにしましょう。審査に通る条件としては、仕事をしており、安定した生活基盤が出来ている事が条件になっています。利用する上で大切な事は、返済計画をしっかり立てて、どう利用するのか決めた上で、お金を借りる事を意識する事ではないでしょうか。また利用する上で困った事がある場合は、信頼できる女性スタッフに相談してみましょう。

安心の大手銀行キャッシング審査

去年、引っ越しする事になり急遽40万円ほど必要になりました。

私は既に2社の消費者金融にお金を借りており年収の3分の1の金額を借りていた為、総量規制対象外の借りてを見つけようとネットで色々と情報を探しました。

まず結論から申し上げますと年収の3分の1を超える場合は総量規制対象外の貸し手を見つけるしかないため、大手銀行にて審査を受ける事にしました。

UFJ銀行さんが展開しているカードローンに申し込んだのですが、私の場合3年前からアコムさんを利用していた為返済履歴がUFJ銀行さんの方で直ぐに確認でき、審査も通りやすいのではと考えました。

ただ、1年前に返済が1ヶ月ほど遅れてしまった事があった事で審査に通るか正直不安でした。

審査結果は3日ほどで出まして、希望金額は40万円でしたがお貸しいただける金額は10万円が限度額でした。

信用情報機関に延滞の記録があり収入の3分の1の金額を既に借りていたのにも関わらず少しでも貸していただけて大変助かりました。

現在も返済中ですが月々少額返済ですのであまり負担にならずに徐々に返済しています。

銀行のカードローンの方が多少審査が厳しく審査時間もかかるかもしれませんが、長期的に考えると消費者金融よりもお得かと思われます。

総量規制対象外のカードローンについて

総量規制という法律ができてからは、消費者金融からの借入は行いにくくなってしまいました。年収が少ない人がまとまったお金を借りることができなくなってしまいましたし、専業主婦などが契約をすることができなくなってしまったためです。総量規制とは関係なく借り入れができるカードローンもその中にはありますが、それは具体的にはどのようなもので、商品設計などはどのようになっているのでしょうか。

<総量規制とは>

総量規制とは2010年に施行された法律で、簡単にいえば預金者の借り過ぎを防ぐ、という法律になります。貸金業法に則ってサービスを提供している消費者金融などは、年収の3分の1を超える借入を禁止するという内容で、年収によって借入限度額が決められるのです。

例えば年収が300万円の人であれば消費者金融からのキャッシング限度額が100万円までとなります。

<総量規制対象外のローンとは>

貸金業法に則ってサービスを提供していない、例えば銀行のローンなどは総量規制対象外となります。銀行は銀行法という法律に則ってサービスを提供しているので、総量規制とは無関係なのです。

消費者金融の商品と同じように、自由度が高いローンとして知られている銀行カードローンも総量規制対象外なので、総量規制対象外のフリーローンを契約したいという場合には銀行カードローンがおすすめとなります。